covelline

行動計画

合同会社コベリン 行動計画

合同会社コベリンでは、MISSIONの「自分らしく楽しく働ける会社を作る」を達成するため、全従業員が多様な働き方の選択をできるよう、職場環境の整備に取り組みます。

1. 計画期間

令和1年9月1日 ~ 令和3年9月1日

2. 計画内容

目標 育児休業中の社員に社内の情報を提供し、円滑な職場復帰を支援する。

対策

  • 令和1年9月 情報共有の時期、回数などを検討する。
  • 令和1年10月~ 育児休業中の情報提供について周知する。
  • 令和1年10月~ 休業者が出た場合に実施する。

目標:小学生未満の子を養育する社員が、希望する場合に利用できる「短時間勤務制度」を導入する。

対策

  • 令和1年9月 時短勤務についてのニーズを調査。
  • 令和1年9月 実施可能なものについて検討開始 。
  • 令和1年10月~ 制度に関する情報を社員に配布する。

目標:小学生未満の子を養育する社員が、希望する場合に利用できる「フレックスタイム制度」を導入する。

対策

  • 令和1年9月 フレックスタイム制度についてのニーズを調査。
  • 令和1年9月 実施可能なものについて検討開始。
  • 令和1年10月~ 制度に関する情報を社員に配布する。

目標:小学生未満の子を養育する社員が、希望する場合に利用できる「時間外労働の制限制度」を導入する。

対策

  • 令和1年9月 時間外労働の制限制度についてのニーズを調査。
  • 令和1年9月 実施可能なものについて検討開始。
  • 令和1年10月~ 制度に関する情報を社員に配布する。

目標:計画期間中において、育児介護休業法により育児休業が可能な従業員の内、育児休業希望者の育児休業取得率100%を目指す。

対策

  • 令和1年9月 育児休業制度に関する情報を社員に配布する。
  • 令和1年9月~ 育児休業を受け入れられる体制を整備する。
  • 令和1年10月~ 制度に関する情報を社員に配布する。